(OR FIND CONFUSION...) 

permanent installation at Amsterdam Tulip Museum (2012)

 

Put your head in these tulips.  You will notice they smell of various bulbous flowers: Tulip, Hyacinth and Narcissus (Daffodil).  But which one carries the actual scent of tulips?

 

 

 

DSC_0026

DSC_0019

DSC_0018

DSC_0011 

 

Ordered by: Amsterdam Tulip Museum

Concept: Maki Ueda

Realization: Nezu Aymo Architect

Special thanks to Omega Ingredients (www.omegaingredients.co.uk)

DSC_2641

 

for “The Smell of War” exhibition

 
Title: The Juice of War Hiroshima and Nagasaki
 
Year: 2015

When I was a child, my bedroom contained a shelf of my mother’s books and one of these book was about Hiroshima and Nagasaki. Inside I found photos of burned and rotten bodies. A field full of bodies that no longer look like bodies. It was in the high summer season so the bodies would quickly rot and flies laid eggs wherever they could.

The photos were so shocking to me that for nights I was afraid to go to sleep.  But I did not dare ask my mother to remove that book from my bedroom because it seemed rude to the victims. As I grew up I peeked into the book again and again, out of curiosity for the atomic bombings, and I realized that I was getting better in dealing with the fear. I ended up sleeping with that book until I left home at the age of 17.
 
I completely forgot about these pictures, but all of sudden, while I was thinking what to show here, I realized that they were the reason why I could not think anything else beside the smell of rotten flesh when I think of “the smell of war”.

In other words, working on this concept was digging into my memories.

Instruction:
Please put your head in a bowl. This smell was manually extracted from the juice of burned and rotten flesh.

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
The prime minister of Vlamish government also enjoyed the work at the opening.
 
 
At: The castle De Loving, Poperinge, Belgium. 

The Smell of War exhibition:

Curated by:  Peter de Coupere

 
[making]
 
 
This is a bizarre  story of purchasing meat of 20 euros at a supermarket, and made it rotten till it starts stinking for extracting the smell…  I am a bit ashamed to tell you the whole story but this is the real story behind this work.
 
When the curator Peter de Coupere asked me to participate in the exhibition with the theme of "the smell of war", I could not think of anything else than the smell of Hiroshima and Nagasaki. That would be the case by most of Japanese.  We grew up with reading the cartoons "Hadashi no gen はだしのゲン", with full of illustration of burned and rotten corps and maggot. Also it illustrates the bad odor.
 
 
The interface design:
 
 
 
Purchasing the parts for "katrol"
 
 
I sew the acrylic bowl myself because there was no company who could do this... it was quite some work.
 
 
I asked Peter, the organizer, for hanging the bowl with some instructions.
 
In Japan at my atelier: I bought pieces of meat at a local supermarket: checkin and pork, and burned them.
 
 
 
And dried them for 10 days in the sunlight.
 
 
 
 
This is the simulation of Hiroshima and Nagasaki. It was high in the summer time when they got bombed, and the burned corps got rotten quickly.  Flies lay eggs and it stank terribly everywhere.
 
After 5 or 6 days they started to smell like a garbage.  Around the 10th day it started to stink sour, and this was the limit (also for my neighbor...).
 
I extracted a little to check the smell and turned out that it was missing the burned scent, so I burned them extra.
 
 
 
Then sliced them.  My cutting board was suddenly covered with the flies. It was like a horror movie. I couldn't inhale even, so I inhaled the fresh air 10meters away and ran to the cutting board, and repeated this.
 
 
After the extraction, I filterd it, but it also releases smells everywhere... I got headache from it.  If I would have continued this process I would have gotten depressed.
 
 
In my fridge is the extract and beer mixed up…it's safe as long as it's concealed :-)
 
 
 
 

installation / educational workshop (2010)

Untitled

Untitled

 

[venue] RAM Gallery, Rotterdam

[premier] March 15th, 2015

[exhibition period] 15/03/2015 - 26/04/2015

 

Please make pair with scents.

Just as Kodo, a Japanese olfactory game, I used all woody scents.

Cedarwood
Sandalwood
Styrax
Labdanum
 

 

 

 

 


  

 

 

- a food art workshop for five (or more) senses in a restaurant setup -

workshop / event (2009)

 

It is free of the eyes, ears, nose,
tongue, body and mind;
free of sight, sound, smell, taste,
touch, and any object of mind;
free of sensory realms
including mind-consciousness.

- The Buddhist Heart Sutra -

dinner

 

CONCEPT

A unique food art workshop in a restaurant set-up. Each course is served with an intervention of one of your senses, such as blindfolding, amplifying or muting to enhance your sensitivities and experience new sensations. All in Japanese lacto-ovo vegetarian style prepared with organic ingredients.

The workshop is developed by Maki Ueda, an artist who is known for her artworks focusing on the olfactory sense.

Eating is something to appreciate with the five (or more) senses. In this extraordinary Japanese course dinner you will witness that, with full of sensations, inspirations, and findings.

 

DSC_3745

DSC_3738

DSC_3734

DSC_3730

DSC_3728

DSC_3724

DSC_0083

DSC_3791

DSC_3785

DSC_3786

DSC_3782

DSC_3780

DSC_3774

photos: Moritz Bernoully

 

DISHES:

WELCOME DISH / お通し

for the sensory sounds with the hearing sense muted / amplified

PLEASE WEAR THE EARPLUGS

  • rice crackers with aonori seaweeds 青海苔せんべい
  • fermented miso natto with cucumber (morokyu) もろきゅう
  • fried noodles (age somen) 揚げそうめん
  • seaweed salad わかめサラダ
  • fried buckwheat sticks (soba karinto) そばかりんとう
  • fresh soybeans (edamame) 枝豆
  • pickls (kojizuke, family recipe) 麹漬け(上田家秘伝)
  • mixed nuts ミックスナッツ

APPETIZER / 前菜

taste & smell experiments 1. smell the MISO SOUP PERFUME with the paper (or spray it into your mouth if you like)

1. MISO SOUP PERFUME is distilled miso soup. It's transparet, but contains the flavours. See from time to time how the charactor of smell changes.

  • top note (green onion)
  • middle note (shitake / kombu)
  • last note (miso)

2. Taste the (real) miso soup.

MAIN DISH / 主菜

PLEASE WEAR THE BLINDFOLD

You will get exactly the same dish twice!

1st one:

  • blind folded
  • use your hands

2nd one:

  • take off the blindfold
  • use the chopsticks

DESSERT / デザート

surprising ice creams PLEASE WEAR THE BLINDFOLD AND EARPLUGS

SPECIAL DRINK

Green Tea for flavour pairing

Spray the orange juice perfume into your mouth, then taste the green tea. "Food combines well when they have major components in common" : the concept widely accepted in the molecular gastronomy scene (www.foodpairing.be)

 

 

INSPIRATION

This workshop is primarily inspired by the activities of artists-collective FoAM in Brussels. One of the inspiring events that Maja Kuzmanovic has developed at FoAM was Open Sauces (Nov. 2008). It was about the future of food in many different perspectives. The issues herein included were: molecular gastronomy, food pairing, eating and senses (where Maki Ueda has contributed), logistics and food problems, safety of foods, etc.

 

DEVELOPMENT

For the documentations, please visit the blog site Scent Laboratory [DINNER FOR MUTED SENSES]

 

CREDITS

 

concept & development : Maki Ueda

cooking : Noriko & Maki Ueda

service : Misae Endo & Maria, Tomoko Inamura

special thanks to : Camera Japan Festival

 

*TO BE TRANSLATED

日時: 2010年8月

場所:テラス高輪

主催:NPO法人 ニューロクリアティブ研究会

コンセプト: MAKI UEDA

調理:テラス高輪(フレンチ・レストラン)

チェロ:PIRAMI

DSCN9640

 

前菜:「匂いの品」ファン・デル・ヘイデ家の台所

古き良き時代のオランダの家庭は

どんな匂いがするのでしょうか

私の義母のキッチンへタイム・トリップ

 

スープを蒸留して香りのみを抽出した「スープの香水」と匂い紙をみなさんに渡します。スープを煮る時に蓋を開けっ放しにした らどうなるかなどの話題と、スープと香水の共通点(トップノート/ミドルノート/ベースノート) などを5分くらいお話します。

画像 002

画像 008

スープレシピ:「ファン・デル・ヘイデ家の台所」
材料
・リーキ(西洋ネギ)
・じゃがいも
・野菜ブイヨン
・生クリーム
・塩こしょう
・チャイブ
リーキを輪切りにし、10分水に漬ける。リーキとじゃがいもをブイヨンで45分煮る。塩胡椒し、皿に盛って生クリームをかけ、チャイブを散らす。*フランスでは、「ヴィシソワーズ・スープ」という名で知られているようです。

DSC_0005

DSC_0015

DSC_0016

話題:ファン・デル・ヘイデ家の台所
私のオランダの義母は戦前の生まれで、彼女の台所を通して古き良き時代のオランダを垣間見る事が できます。私たちが遊びに行くと必ず待ち受けてくれている、美味しそうな台所の匂い・・・。彼女はよくリーキを使ったスープを作ってくれます。息子が3歳くらいの時、極端な野菜嫌いだったので すが、このスープだけは喜んで食していましたので、私たちはリーキのスープを「Oma Soep (= Grandma's Soup)」と呼ぶようになりました。匂いが記憶と感情と強く結びついているということ、 そして匂いは私たちに時間と空間を超えた体験をもたらしてくれること、などについてお話します。

 

主菜: 「目隠しの品」

鼻であじわうことと口であじわうことの

境界線はどこにあるのでしょうか

 

配膳が終わってからまず、みなさんにお料理の匂いを嗅いでいただきます。その後、各プレートの ローズ・バスにお湯が注がれます。ローズとお料理の全体的な芳香を堪能してから、目隠しを外し、 フォークとナイフでいただきます。

画像 014 

画像 007 

画像 018

画像 019

画像 023

ここでの主役は肉や魚ではなく、ローズの花びらです。 ローズ・バスにお湯がかけられると、ローズの香りが立ち上ります。ここではチキンは脇役。あたか もローズを鼻で味わうかのように、料理をいただきます。

味付けに使われる素材は、次の図に載っているもののみです。

配布資料6

この図からは、ローズに含まれる上位 10 位までの香気成分が一目でわかります。ある研究チームがあらゆる素材を分析し、共通する香気成分が見られたもの同士を線で結んだものです。 ローズの成分のひとつは、シャルドネなどの白ワイン・グループ(ローズから見て 0 時の方向)にも共通するため、そのグループと線でつながれています。また別な成分が、ボイルドチキンやベークド鴨肉(ローズから見て7時の方向)にも共通の成分であることが、線を辿るとわかります。この図にある全ての素材と相性が良いのが、ローズというわけです。

この「フード・ペアリング(http://www.foodpairing.be)」という考え方は、ヨーロッパ発の新しいグルメ・トレンドである、モレキュラー・ガストロノミー(分子の調理法)でも主流となっています。 

参考までに、試作では次のように作りました。

recipe
• 鶏もも肉 180g
• 紅茶ティーバッグ 1 袋
• シャルドネ 150ml
• グリーンアスパラ 3本
• ラスベリー果汁
• ブルーチーズ(細かく切る)
• バジル(デコレーション用)
• ローズ 小さめの場合3本
鶏もも肉に塩こしょうをし、30 分なじませておく。ジップロックなど密閉できるような袋に鶏もも肉、紅茶ティーバッグ、シャルドネ、アスパラを入れ、sous-vide (真空調理法)で調理する。(専門書によると、鶏肉 180g の場合、推奨温度は 65 度、推奨時間は 20 分。)その間、ラズベリー果汁とブルーチーズを弱火にかけてソースを作る。sous-vide が終わったら、鶏肉を切ってアスパラと一 緒にお皿に盛り、バジルを盛り、ソースをかける。これをバラの花びらを散らしたお皿の真ん中に置き、配膳してから、ローズ・バスにお湯をかける。

DSC_0036

 

DSC_0057

 

DSC_0040

話題:料理とサイエンス

卵の黄身とお酢を混ぜながら、オイルを少しずつ加えていくと、マヨネーズができます。仲の悪い水性のお酢と油性のオイルを、卵の黄身が仲介するわけです。この化学現象を乳化といいますが、この ような台所のサイエンスがヨーロッパではよく発達しています。

考えるに、オーブン文化がその要因かと思うのです。ヨーロッパの家庭では昔、オーブンとガス台と 暖炉が一体となったものが使われていましたので、その影響でしょうか。オーブン料理は特に、配合をきっちりと守らなければ失敗してしまう、料理のサイエンスです。同じ材料を使っていても、配合次第でクッキーになったりケーキになったりします。

そのためか、化学の視点から調理を再検討しようとする動きが 80 年代あたりからありました。90 年 代には、フランスの化学者エルベ・ティスが「モレキュラー・ガストロノミー」という題の論文を発表し、この言葉がガストロノミー界に定着しました。モレキュラーは分子を意味しますから、「分子の調理法」とでも訳したらよいのでしょうか。

 

デザート:「目隠し+耳隠しの一品」

色・かたちは無いが、「にほい」はある

音は無いが、けれどもある

体内の内側に向かう感覚を楽しむ一品

 

参加者の方には耳栓と目隠しをつけていただきます。

 画像 033

画像 040  

recipe

桃のゼリー

スモークドアイス

ポップロック・キャンディ

 

MENU

 配布資料1 配布資料2 配布資料3 配布資料4 配布資料5 

PRODUCTION NOTES

当日の流れ