MAKI UEDA

MAKI UEDA (JP / NL) 

嗅覚アーティスト

JAPAN HOUSE Sao Paulo - fotos  de Rogério Cassimiro (5)

1974年、東京生まれ。2000年よりオランダ在住。現在は、石垣島に拠点を置き、嗅覚アート研究所を率いる。http://www.pepe.okinawa

アートと嗅覚の融合を試みる、「匂いのアーティスト」。匂いは今、新しいメディアでもある。「視覚的な要素を排除すればするほど、嗅覚体験が強くなるのではないだろうか」との考えのもとに作られた作品においては、視覚的な要素は殆ど意味を持たない。想像を喚起させたり、知覚の混乱を誘う役割を、匂いが担う。

食物、環境臭、そして体臭など、日常のありのままの匂いを素材から抽出し、「香水化」する技術を持つ。それは調理法や化学的手法から編み出した独自の方法でもある。これらは幼少の思い出の匂い、アイデンティティの匂い、感情の匂い、歴史の匂いとなり、インスタレーションで提示される。ブログに公開された制作プロセスやレシピは、多くの嗅覚アーティストに影響を与え、嗅覚アート・シーンの世界的なリーディング・アーティストになる (wikipedia ページの "olfacory art" 作家リストに掲載される)。

近年は、空間、ムーブメント、そして嗅覚のクロスオーバーする領域に関心を持つ。関連作品に「嗅覚のための迷路」シリーズ、「シャネル5番の分解」、「白い闇」などがある。

慶應義塾大学環境情報学部(学部1997卒&修士1999卒)にて、藤幡正樹氏に師事し、メディア・アートを学ぶ。2000年文化庁派遣若手芸術家として、2007年ポーラ財団派遣若手芸術家として、オランダ&ベルギーに滞在。2009年よりオランダ王立美術学校&音楽院の学部間学科Art Science や、ロッテルダム美大ウィレム・デ・コーニングアカデミー、岐阜県立情報科学芸術大学院大学にて教鞭をとる。世界初の嗅覚アートの授業として知られる。

オンライン・ポートフォリオ: http://www.ueda.nl

(海外の活動が主であるため、作家名は日本語でも統一して 「MAKI UEDA」 としている。日本語でのワークショップや講演の場合は、本名の「上田麻希」を使用。出身国表記は、「日本/オランダ」。)

 

アワード:

2009年、ワールド・テクノロジー・アワード(アート・カテゴリー)ノミネート

2016年、アート・アンド・オルファクション・アワード ファイナリスト(サダキチ・アワード)

2018年、アート・アンド・オルファクション・アワード ファイナリスト(サダキチ・アワード)

2019年、アート・アンド・オルファクション・アワード ファイナリスト(サダキチ・アワード)

 

領域:
  • 嗅覚のためのインスタレーション (含 屋外、サイトスペシフィック)
  • アート作品としての香水
  • 嗅覚と他感覚間のリサーチ・プロジェクト
  • 嗅覚のためのパフォーマンス作品
  • 嗅覚のアート・ワークショップ(子供用+大人用)
  • 嗅覚に焦点を当てたフード・アート・イベント
  • 嗅覚をテーマにした美大での授業

 

IMG_1977